ニキビ肌の治し方

青春時代をニキビで失った管理人が熱く語ります

ニキビ肌のファンデーション選び方とは?

   

女性がニキビ肌で悩んでいる場合、症状を悪化させる原因の1つとして「間違ったファンデーション選び」というものが挙げられます。ファンデーションというのは肌に直接触れるものですから、当然ながらニキビ自体にもそのファンデーションは触れるわけです。毛穴にアクネ菌が繁殖して赤く化膿したニキビ、そこにファンデーションが入り込む・・・どう考えても、ニキビ治療・改善の妨げになりますよね。では、ニキビ肌で悩んでいる女性の場合、正しいファンデーション選びとはどのようなものなのでしょうか?

1.ニキビ用のパウダーファンデーションを探す

2.正しい使い方をして1週間程度使用する

3.ニキビが悪化しなければ継続使用する

このようなステップでファンデーション選びをすることがオススメです。パウダーファンデーションの粉は毛穴に入り込みにくいので「にきびを隠す効果は弱め」ですが、その分ほかの化粧品と比較してニキビの症状を悪化させにくいです。ですので、ファンデーションはパウダー系を使用するようにしましょう。

ただし、ニキビ用と書いてあるファンデーションだとしても、その化粧品があなたの肌に合うかどうかは使ってみないと分かりません。肌に合わなければ悪化することも普通にあります。そのため、1週間程度様子見する必要があります。そして、ニキビの症状が悪化しないことを確認してから、そのファンデーションを継続しようするようにしてください。(※ニキビ用のファンデーションを使用するだけではニキビは完治しません。ファンデーションはあくまで守りの治療となります。詳しいニキビの治し方についてはこちらをご参考に!)

なお、ニキビ用と書いてあっても、決してリキッドファンデーションは使用しないでください。なぜなら、「リキッドファンデーションは毛穴の隅々まで入り込むので、にきびの症状悪化を加速させる可能性が極めて高い」からです。液状という性質を持ったリキッドファンデーションは毛穴まで入り込むため「にきびを隠す効果は抜群」ですが、それと引き換えにファンデーションという不純物を毛穴に入り込ませます。1日も早くスッピンで人前に出られるようになりたければ、リキッドファンデーションはオススメしません。

 - ニキビ肌 ,