ニキビ肌の治し方

青春時代をニキビで失った管理人が熱く語ります

ニキビQ&A

   

ニキビQ&A(総合)のカテゴリです。老若男女を問わない「質問&回答」となります。

正しい洗顔方法でニキビケア

ニキビ肌というのは、非常にデリケート。そのため、間違った洗顔方法を継続的に行っていると、ニキビの症状は余計に悪化してしまいます。正しい洗顔方法を身に付けて、「にきびの症状の改善」「にきびの症状悪化の予防」に繋げていきましょう!では、ニキビケアのための正しい洗顔方法についてですが、以下をご覧下さい。

1.適量の洗顔料を手に取る(目安は1cm程度)

2.両手を使って軽く泡立てる

3.片方の手のひらに泡を集め、もう片方の手の指先で泡立てる

4.しっかり泡立ったら、両手の手のひらでそっと顔を洗う

このやり方で洗顔するようにしましょう。ポイントとしては、「きめ細かい泡を作ること」です。洗顔料は水と空気とまじ合わせることで泡立ちますので、最初に軽く泡立てたら、入念に指先で泡立ててください。指先で泡立てることで空気が混じりやすくなります。

なお、冒頭でも述べましたように、ニキビ肌は非常にデリケートです。ですので、「決してゴシゴシと力強く洗顔してはいけない」ということを覚えておきましょう。きめ細かい泡というのは、優しく肌をなでるだけでも毛穴まで入り込んで汚れを洗浄します。力強く肌をこすると何となく洗った気になるものですが、実際は何の意味もありません。

ニキビ肌を治療する洗顔料

洗顔料選びはニキビを治療する上で非常に大事です。なぜなら、洗顔料は「肌に直接触れるもの」だから。間違った洗顔料選びをしていると、1ヶ月もあれば完治するはずのニキビも3ヶ月以上治らなかったりするものです。では、ニキビ肌向けの正しい洗顔料の選び方とはどういったものでしょうか?

・ニキビ肌用と書いてあっても鵜呑みにしてはいけない

・有名化粧品メーカーの洗顔料が必ずしも良いわけではない

洗顔料選びで覚えておいてもらいたのが、「ニキビ肌用と書いてあっても、ニキビ治療に効果的かどうかは分からない」ということです。もちろん、化粧品メーカーは様々な実験をして洗顔料を開発しているのですから、基本的にはニキビ治療に効果が出るように作ったんだとは思います。ただ、「その洗顔料が必ずしもあなたの肌に合うか分からない」というわけです。

実際、管理人は「某有名化粧品メーカーのニキビ肌用スクラブ洗顔料(CMもやっています)」を使って、ニキビの症状が日に日に悪化していった経験があります。ニキビが治らないだけでなく、洗顔料次第で逆にニキビが悪化することもあるということです。

オススメの洗顔料

ニキビ肌用と書いてあったり、有名化粧品メーカーのものだったり、そういった洗顔料が必ずしも本当にニキビを改善するわけではないと言いました。すると「じゃあ、どんな洗顔料がオススメなの?」と思われることでしょう。色々な洗顔料が販売されていますから、ある程度の目安のようなものがなければ洗顔料選びができませんよね。

・クレイ系の洗顔料がオススメ

・クレイ系の洗顔料で肌をなでるように洗おう

管理人がオススメする洗顔料は、クレイ系の洗顔料(粘土の成分で作られている洗顔料)です。クレイは「脂分を吸収する作用が優れている」ので、優しく顔をなでるように洗顔するだけで十分に無駄な皮脂を取り除けます。この洗い方で皮脂が取り除ければ、肌に余計な負担をかけることもないのでニキビ肌には最適です。

1.良さそうなクレイ系の洗顔料を探す

2.正しい使い方をして1週間程度使用する

3.ニキビが悪化しなければ継続使用する

先にも述べましたが、「最終的には使ってみないと分からない」部分があります。それはクレイ系の洗顔料でも同じことです。ですので、クレイ系の洗顔料をいくつか試してみましょう。高額な洗顔料である必要は全くありませんので、「1つの洗顔料を1週間くらい使ってみる」ようにして様子を見ることをオススメします。

なお、ニキビの治し方のページで詳しく解説していますが、洗顔というのは「守りの治療」の部類に入ります。ですので、「1週間程度の様子見をした結果、ニキビの症状が悪化しない」ようであれば、その洗顔料はとりあえず合格です。その後、ニキビの症状が悪化するようであれば、再度洗顔料を変えていきましょう!

 - ニキビ肌